ヘルペスのせい?耳の痛みが生じたら@早目にしておきたい対処方

ヘルペスのせい?耳の痛みが生じたら@早目にしておきたい対処方

ヘルペスというと口の周りにできるものというイメージが強いですが、ヘルペスは体のいたるところにできる病気です。その中の一つに、耳ヘルペスというものがあります。耳ヘルペスは他のヘルペスと同じく赤い発疹と水ぶくれができますが、他の部分と異なり痛みが強いといった特徴が挙げられます。

 

耳の痛みは耳ヘルペスが主な原因

 

耳ヘルペスは、耳の周辺に痛みや違和感が最初に起こり、その後赤い発疹と水ぶくれができるものです。ヘルペスの中でも多い口唇ヘルペスと同じく、ヘルペスウイルスが原因によるもので、患部はウイルスが一番多い場所となっています。

 

耳ヘルペスの大きな特徴として、激し痛みが挙げられます。耳は体の中でも神経が集中している場所で、ヘルペスは神経を攻撃することで炎症を引き起こします。このため耳ヘルペスを発症すると、耳周りに激し痛みを感じます。ヘルペスの中でも痛みが激しいのが、耳ヘルペスの特徴です。

 

耳ヘルペスは痛みの他にも難聴や顔面神経麻痺、めまいといった症状を引き起こします。これらの症状はヘルペスが治るまで続き、場合によっては後遺症が出てしまい、何かを飲も込む時に痛みが残る場合があります。

 

ヘルペスによる耳の痛み対処法

 

ヘルペスの対処法は、早期発見と病院での正しい治療が一番です。放置しておいても自然治癒することはありますが、耳ヘルペスは神経が集まっている場所で症状が出てしまうものです。正しい治療を受けずに放置しておくと、神経が傷つき後遺症が出てしまう恐れがあります。また激しい痛みを伴うことが多い耳ヘルペスは、治療を受けないことで治りが遅くなると痛みが長く続き、日常生活が困難となることもあります。

 

耳ヘルペスを発症してしまった場合、病院は耳鼻咽喉科へ行くようにしましょう。主な治療法は抗ウイルス薬の投与、抗浮腫や抗炎症のためのステロイド剤の使用が行われます。

 

抗ウイルス薬はウイルス性のヘルペスの症状を抑制する働きがあります。症状を抑制しながら免疫機能を回復させ、治療期間を短くする効果が期待できます。ステロイド剤は、顔面神経麻痺の症状が出ている場合や予防に使用されます。ステロイド剤は高い効果が期待できる薬ですが、体にかかる負担が大きい薬でもあります。使用する場合は医師の指示に従い、用法用量、試用期間を守り正しく使用しましょう。

 

痛みに対しては鎮痛薬を投与します。痛みが激しいという特徴を持っている耳ヘルペスなので、我慢せずどのくらい痛いかしっかり医師に伝えましょう。