ヘルペスが目の周りに出来た場合の知りたいお化粧方法や注意点

ヘルペスが目の周りに出来た場合の知りたいお化粧方法や注意点

ヘルペスというと口の周りにできるものというイメージが多いですが、目の周りにも発生することがあります。

 

目にできるヘルペスってどんなもの?

 

目にできるヘルペスは、角膜か目の周りの皮膚の2つに分けられます。角膜にヘルペスを発症してしまうと、目の異物感や目ヤニ、白目の充血といった症状が見られます。発症すると視力が低下することもあるので、しっかりとした治療を受ける必要があります。角膜の中心層にある実質層がウイルスに感染すると、この部分で免疫反応が起こり、結果として炎症が起こってしまいます。角膜は腫れあがり、白く濁ってしまいます。

 

目の周りの皮膚に発症したヘルペスは、口唇ヘルペスと同じく痒みやちくちくとした痛みを感じます。症状が進行すると水ぶくれが起こり、一見するとものもらいのように見えます。

 

目にヘルペスができたときの対処法

 

ヘルペスは放置しておけば治るという意見もありますが、角膜にできたヘルペスは正しい治療を受けないと、最悪の場合失明に至る恐れがあります。角膜のヘルペスに対しては、点眼や飲み薬によってウイルスの増殖を抑制します。早期発見と正しい治療を受ければ症状を抑制できるので、治るまでしっかりと病院で治療を受けましょう。

 

ただしヘルペスは一度発症すると再発する可能性が高い病気です。再発した場合、自己判断で残った薬を使用するといった行為は危険なので、この場合もすぐに病院へ行くようにしましょう。

 

目の周りの皮膚にヘルペスができてしまった場合、口唇ヘルペスと同じように主に塗り薬が処方されます。ヘルペスは神経の中に潜みこみ患部を拡大させるウイルスなので、目の周りの皮膚にヘルペスができたら角膜まで進行しないよう、早期発見と正しい治療が必要です。

 

発症中は化粧をして大丈夫?

 

化学成分が配合されているメイク用品を、傷口になっているヘルペスの患部や患部の周辺に付けるのは症状を悪化させてしまいます。またメイク道具にヘルペスウイルスが付着してしまい、それを再び使用することで再発してしまう可能性が高くなります。ヘルペスが目の周りや角膜にできている場合、化粧は避けるのが一番です。

 

それでも化粧をしなければならないという場合は、患部を覆う透明のパッチを使用しましょう。先に患部をパッチで覆っておき、その上からメイクをすることで、化粧品の成分から患部を守りつつ、傷口を目立たなくしてくれます。ただし長期間の使用は患部に負担をかけてしまうので、注意が必要です。