ヘルペスに効くサプリランキング@口コミ人気サプリ徹底比較!

ヘルペスの予防・改善におすすめサプリ!

誰もが一度は経験したことのある口の横や唇に小さな水疱。昔は「熱の花」とも呼ばれており、これが出来るとピリピリ・ムズムズなどといった違和感を感じ、場合によっては熱が出たり、腫れや痛みを伴ったりします。主に疲労やストレス、紫外線や免疫力低下などが原因とされていますが一番の原因はヘルペスウィルスによるもの。

 

完治するまで時間もかかり、何度も繰り返し出来てしますので困っている人も多いでしょう。そして厄介なことにヘルペスは人に移ってしまいます。患部はなるべく触らないようにし、タオルの共有や接触は控える方がいいでしょう。

 

そんなヘルペスの予防や改善にはリジンが有効と言われています。リジンにはヘルペスウイルスの働きを抑える効果があり、それとともに免疫力を上げる成分を一緒に摂ることで、ヘルペスの症状を抑えることが出来ます。なってしまったらなかなか完治しない辛いヘルペスに有効とされるサプリメントはいくつかありますが、その中でも口コミで評判の良かったサプリをご紹介!自分に合ったサプリメントを見つけて、ぜひ役立ててください。

 

ヘルペケアの特徴

ピリピリ・ムズムズ対策には必須アミノ酸の1つでもあるリジンが欠かせません。そんなリジンをたくさん摂取すれば、ピリピリも徐々に緩和されますが、さらにポリフェノールの一種であるグラヴィノールを一緒にすることでピリピリの後のケアのサポートが可能に。「ヘルペケア」はそれらの他にプロポリスや乳酸菌など身体の内側から健康になる成分がたっぷり。小さいカプセルにすることで、飲みやすく吸収率もアップするメリットも。周りに移したくない、ピリピリがまた来るのが怖い、鏡やマスクが手放せないなどと感じる前にぜひ「ヘルペケア」で対策しましょう。

価格 3,980円
評価 評価5
備考 1日2粒めやす

 

りぷさぷりの特徴

どうしても口のピリピリ・ジュクジュクは、薬を塗ったりつけたりしてしまうもの。しかしそれには完治するのに限界があります。「りぷさぷり」はリジンやプロポリス、紫外線から守るローズヒップ、ビタミンC豊富なアセロラ配合で体の内側から強い体を作り、美容ビタミンのビオチン、還元力の高いレスベラトロール、腸内環境を整える乳酸菌を体の中にしっかり巡らせます。なんと厚生労働省が認めた栄養機能食品!人の視線が気になる、メイクが上手に出来ない、頑張りすぎると繰り返してしまうなどと思っている方は普段の食事にプラスするだけで、悩みが解消されるかもしれませんよ。

価格 972円
評価 評価4
備考 1日3粒めやす

 

L-リジンEXの特徴

健康維持に欠かせないアルギニンも、摂取しすぎるとヘルペスの発症率が高くなります。反対にリジンはヘルペスウィルスの働きを抑える効果があるので、これらをバランスよく摂ることが重要です。「L-リジンEX」はリジンとアルギニンが4:1という黄金バランスで配合。アルギニンよりリジンの量が多い状態を保つことで、ヘルペスの症状を抑えることが可能に。症状がない方や予防したい方は1日3粒、症状を緩和したい方は1日9粒などと症状に合わせて摂取量も変えられます。疲れるとすぐに症状が現れる、普段から予防しておきたい、体調に合わせて飲む量を変えたい方はぜひ「L-リジンEX」で実感して下さい。

価格 1,980円
評価 評価3
備考 1日3粒〜9粒めやす

 

口唇ヘルペスとは?何が原因なの?

 

唇に何かプツプツしたものができている!それってもしかしたら口唇ヘルペスかもしれません。かゆくて痛くなる事もある口唇ヘルペス。一度なると厄介です。しかしそもそもどうして口唇ヘルペスになってしまうのでしょうか?その原因について探っていきましょう。

 

口唇ヘルペスの原因って?

 

プツプツと唇にできてしまう水泡が「ヘルペス」です。痛いしかゆいし不快ですが、すぐに治らないので人からも見られやすいです。見た目がプツプツとしているので、決して綺麗なものではありません。

 

ヘルペスって何?

 

ヘルペスは「単純疱疹」と呼ばれる事もあるもので、ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった急性の炎症皮膚疾患の事です。これが唇にできてしまったものを「口唇ヘルペス」と呼んでいます。

 

ヘルペスの原因って?

 

ヘルペスは「単純ヘルペスウィルス」の感染によって発生するものです。初めて感染した場合には、免疫を持っていないのに高熱など全身に症状が出てしまう恐れがあります、多くの場合は無症状に終わります。再発しやすいですが、再発したとしてもすでにウイルスに対しての免疫ができているので、軽度で済むでしょう。

 

口唇ヘルペスが再発しやすいワケ

 

口唇ヘルペスになって治ったとしても、再発してしまう恐れがあります。それはどうしてかというと、HSVウィルスは一度感染してしまうと「知覚神経節」と呼ばれる部分で潜伏するからです。このため発熱や紫外線、歯科治療などの刺激やストレスを受けると、潜伏していたウィルスが増えていきます。潜伏しているウィルス量によっても、再発する頻度は異なっているでしょう。発症率はおよそ10%で、約10人に1人と言われています。

 

口唇ヘルペスは、風邪をひいた時や体調が悪い時に出やすい病気です。口唇ヘルペスが出た時には、身体が「疲れている」サインなので、十分な休養をとるようにしましょうね。ひどくなると治るまでに時間がかかってしまい、仕事や勉強にも支障が出てきてしまう事もあります。たかがヘルペスとは限らないので、歯科医院や皮膚科を受診するようにしましょうね!

 

口唇ヘルペスと口内炎、帯状疱疹などとの違いは?

 

口唇ヘルペスや口内炎、帯状疱疹がどちらも似ていて紛らわしいという方は、ここで三つの区別がつけられるようにしてみてくださいね。

 

単純ヘルペスウイルスが原因でヘルペスができる

 

口内トラブルの一つである口唇ヘルペス。口唇ヘルペスができてしまうのは、「単純ヘルペスウイルス」と呼ばれるウイルスのせいです。単純ヘルペスウイルスが原因でできる水ぶくれが唇にできてしまう時は口唇ヘルペスと言いますが、唇以外にもできてしまう事があります。例えば次のような部位です。

 

・耳
・頭
・胴体
・おしり
・性器
・肛門周り
・足
・陰部

 

口内炎とヘルペスの違いとは

 

口内炎に似た症状には「口唇ヘルペス」というのがあります。口内炎は細菌が傷口から侵入して炎症を起こしてしまったもので、「口唇ヘルペス」というのは、ウイルスによって起こる皮膚の炎症です。口内炎は比較的誰でもできやすく、時間関わらずにいつでも気づいたらできている場合が多いのですが、ヘルペスは珍しい現象でもあるので、口内炎と見分けがつきにくくて当然でしょう。

 

口内炎とヘルペスは本来であれば別物であり、口内炎は感染するものではありませんが、ヘルペスは他人にうつるものがあり、重症になる恐れもあるので注意しましょう。ヘルペス性の口内炎が起こってしまう事もありますが、まれです。

 

帯状疱疹とヘルペスの違い

 

帯状疱疹と単純ヘルペスウイルスはとてもよく似ているので、自分でどちらか判断しないようにしましょうね。特徴が似過ぎていて間違いやすいでしょう。

 

注意点〜病院へ早めに行こう

 

見分けがつきにくい時には早めに病院へ行くようにしましょう。

 

・痛みや水ぶくれがあったら早めに病院へ行く
・感染源を自分で特定しないようにする
・治療は病院で行う
・感染対策が必要

 

口唇ヘルペスの改善・予防に効果のある栄養は?

 

口唇ヘルペスができるとむずむずしたかゆみや痛みが発生する事もあり、非常に厄介です。ヘルペスの中でも、特に唇にできてしまうものを口唇ヘルペスと呼んでいますが、改善するためにはどんなことができるのでしょうか?

 

自然治癒するけれどアトピーの人は早めに病院へ

 

ヘルペスに初感染した時は、高熱は一週間、症状の完治はおよそ2週間ほどで自然に治っていきます。アトピー体質の方は、症状が悪化しやすいので早めに病院にかかるようにしましょうね。

 

ヘルペス改善に役立つ食品とは

 

・豆腐
・小豆
・納豆
・牛肉
・さば
・かつお
・ヨーグルト
・そば
・鶏肉
・豚肉

 

上記のを食事に上手に取り入れ、ヘルペスをできる限り早めに治すようにしましょうね。ちなみに特におすすめは「そば」です。 アレルギーがない方であれば、ランチなどでそばを選ぶようにするといいでしょう。冷たいのと口周りが痛い時でも食べやすいのが利点です。

 

口唇ヘルペスに悪い食べ物とは

 

・アーモンド
・ピーナッツ
・チョコレート
・コーヒー

 

どうして上記のような食品がだめなのかというと、「アルギニン」という成分が含まれており、ヘルペスウイルスを活性化してしまうからです。といっても、アルギニンを全く食べないと様々な病気にかかるようになってしまいます。これらを控えるのではなく、リジンを多く含む食べ物に切り替えていくと効率いいでしょう。リジンはサプリメントとしても売られているので、薬局などで薬剤師に相談し買ってみるといいでしょう。

 

初めてヘルペスにかかった時の症状

 

・唇、口内、舌などに口内炎がたくさんできている
・口周りや唇に多数の水泡ができている
・喉や舌、あごの下部分にまで水泡ができている時がある
・40度近くの高熱が出る事もある
・喉の痛みが気になる
・リンパ線が腫れて出血する

 

口唇ヘルペスの塗り薬のおすすめは?

 

口唇ヘルペスは塗り薬で改善していく事もできます。そこで今回は、おすすめの塗り薬や選び方についてご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

市販の塗り薬でも意外と効果がある!

 

市販薬というと、お手頃価格のものも多いのであまり効かないようなイメージが強いですが、実際よく効くものもあります。選び方次第と言えるでしょう。市販の塗り薬の中でも、しっかりと口唇ヘルペスにアプローチしてくれるものが多いのです。

 

市販の塗り薬を買う時の注意点

 

最近口唇ヘルペスの市販薬は何種類か売られていますが、全て「再発治療薬」という事です。今まで一度も口唇ヘルペスになった事がない人は購入する事はできません。というのも口唇ヘルペスの治療に有効なのが抗ウイルス薬の「アシクロビル」という成分だからです。

 

市販の塗り薬の定番とは

 

初めて口唇ヘルペスになった方は、どんな塗り薬がいいのか分からない方も多いでしょう。基本的には次のような市販の塗り薬があります。

 

・ヘルペシア
・アラセナS
・アクチビア

 

現状では上記の3つが市販で売られている塗り薬の種類です。

 

●マクロゴール
皮膚の保湿や保護作用があります。皮膚を滑らかにする事によって、ヒビ割れを防いで肌への負担を減らしてくれます。

 

●アラセナS
アラセナSの配合成分は「ビタラビン」で、医療用で使用されている「アラセナA」と同じ濃度の有効成分を配合しています。クリームと軟膏の2種類あり、仕事などの時は目立たないタイプのクリームを使い、寝る前などしっかり保護したい時は軟膏タイプを使うなどして使い分けするといいでしょう。口コミ評判もかなりよく、中には5日で治ったという声もあります。

 

●アシクロビル
抗ウィルス成分で、直接ウィルスに作用してウィルス増殖を抑えてくれます。

 

口唇ヘルペスの再発に注意したいこと、予防法など

 

口唇ヘルペスがやっと治ったと思っても、すぐに再発してしまうという声もあります。再発を防ぐにはどんな事に気を付けたらいいのでしょうか。

 

ウイルスは神経細胞の中にまで!だから再発しやすい

 

口唇ヘルペスは非常に再発しやすいものです。帯状疱疹であれば、一度かかれば再発する事はほとんどないでしょう。しかし口唇ヘルペスや性器ヘルペスは非常に再発しやすいので、これまでも多くの人が再発を経験しています。ヘルペスがやっと治った!と思っても、神経細胞の中にまでウイルスは入りこんで潜んでしまっているので、再び暴れ出す機会を伺っています。

 

ヘルペスを予防したい時

 

ヘルペスを再発させないためには何ができるのでしょうか?以下、ご参考にしてみてください。

 

・紫外線を避ける
・ストレスをためない
・疲れをためない
・唇を乾燥させない
・寝不足しない

 

アルギニンを多く含む食品は避けた方がいい

 

ヘルペス再発予防のためにも、アルギニンというアミノ酸の一種が含まれた食品は避けた方がいいでしょう。ヘルペスウイルスの栄養となってウイルスが活発になってしまい、ヘルペスを再発させやすい事がアメリカの多くの実験でも実証されています。アルギニンを多く含む食品には、次のようなものが挙げられるので、ご参考にしてください。

 

・ピーナッツ
・ナッツ
・チョコ
・カフェイン
・干しブドウ

 

他にも避けた方がいい食品は次の通りです。

 

・ソーダ
・マーガリン
・人工甘味料
・白砂糖
・ジャンクフード

 

リジンの豊富な食品をとる

 

再発防止のためにも、リジンを多く含む食品を取り入れてみてください。例えば次のような食品があります。

 

・あんず
・梨
・イチジク
・りんご
・トマト
・アボカド
・マンゴー
・イワシ
・たら
・ココナッツ
・オオムギワカバ